本文へジャンプ

国際青少年交換プログラムとは

ロータリー国際青少年交換プログラムは、満15~18歳の高校生に1学年度の海外留学の機会を与え、 また当地区においても派遣国より留学生を受け入れ、ロータリアン又はロータリーの選んだ家庭に ホームステイしてその家庭の一員として過ごし、現地の学校に通学し言語を習得することのみならず その国の風俗・習慣・文化を学び、国際理解と親善を推進する人物を育てることにあります。 ロータリー青少年交換学生とは、すなわち両国をつなぎ、双方への相互理解と親善を推進する ロータリーの小さな親善使節であります。

ページの先頭へ戻る